あしげ日記:2021-10-15

あしげ日記

とりあえず昨日の段階で25年前と同じ72.5kgに戻りましたが、それでもおなかはあきらかに出ています。ということは、そもそも自分の体重に対する認識が間違っているのではないか、と思いはじめました。

今までの体重に対する認識は、普通に食生活していると25年前から変わらず72.5kgだから、その体重が自分にとっての ”適正体重” だと勝手に考えていました。しかし、それは自分にとって都合の良い解釈に過ぎないのではないかと考えたのです。

いわゆる一般的な標準体重は、身長×身長×22です。自分の場合は、1.75×1.75×22 ≒ 67.5 kg となります。すなわち、身長によって骨格が決まり、それに必要な臓器や組織を付け足すと、67.5kgあればちょうどよい身長175cmの人間ができあがる、という意味です。

では、72.5kgと67.5kgの差の5kgは何でしょうか。これは、よほどストイックに筋トレでもしていない限り、紛れもなく「脂肪」です。別に5kg増えたからと言って、臓器が1つ増えるわけではありません。

つまり、標準体重こそが体にとって必要十分な量であって、そこから逸脱した分はすべて余計な脂肪を蓄えているに過ぎない、ということに気づきました。

なので、体重に関しては、自分にとっての適正体重などという都合のいい解釈ではなく、常に標準体重との差を意識して、「余計な脂肪を今何キロ蓄えてしまっているか」と考えた方がいい、と考え改めました。

自分の場合は、この1週間で74.5kgから72.5kgまで体重を落としたわけですが、これは余計な脂肪量を7kgから5kgまで減らした、と解釈できます。それでもまだ5kgも余計な脂肪をおなかにくっつけていますので、せめてあと2kg減らして、余計な脂肪量は3kg以内に収めたいものです。

タイトルとURLをコピーしました