あしげ日記:2021-10-8

あしげ日記

昨夜に英語添削会社からフォーマット調整された足底腱膜炎の論文が届きましたので、送られてきた原稿から修正履歴などを消した上、Foot & Ankle International (FAI)に提出しました。

FAIの投稿規定に原稿は4000語以内と書いてあり、自分の論文は4241語だったので、英語添削会社に依頼するときに「4000語以内に調整してください」と書いて出したら、「投稿規定には、4000語以内というのが、原稿全体なのか、メインの原稿部分なのか書いていません。そこを確かめてください。もし原稿部分だけであるなら、基準を満たしています」と返事が返ってきました。

そういうところは英語ネイティブの人は論理的というか頑固というか、すごいですね(笑)。4000語以内に調整してくれと頼んでいるのですから、241語減らすようどこかの表現を変えてくれればいいだけなのに、「4000語とはどこの範囲を指しているのか」と反論してくるのですから。

まぁそこでやりあっても仕方ないし、確かにはっきりと書かない投稿規定も悪いのですから、表の部分を抜いた語数は3676語だったので、この原稿は3676語だとして提出してしまうことにしました(表は別ファイルで出してもいいことになっているので、そこを原稿の語数から抜くのはありでしょう)。

査読が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました