あしげ日記:2021-5-11

あしげ日記

今朝は、OneDrive上にある本のPDFファイルの中から、傾向スコアについて書かれたところのみを抽出し、それをMendeley上にあげる作業をしました。

普通の読書であれば、OneDrive上のPDFをそのまま読むので十分ですが、こと勉強に関しては、いちいち多くの本の中から目的の本を選んで、さらにそこからページを探して開くのも面倒だし、線を引きたいところにも引けないので、必要なところだけを切り取って整理することにしました。

いったんPDFファイルをOneDrive上から自分のPCのデスクトップにダウンロードし、そこからAdobe Acrobat DC(PDF編集ソフト)で改めて開きます。「ページを整理」で必要なページを選び出し、「抽出」を押すと、別ファイルとして開いてくれます。それを保存すればOKです。

このAdobe Acrobat DCソフトでもPDFに書き込んだりはできますが、勉強用にカスタマイズされていないので、線を引いたり書き込んだりする機能が今一つで、勉強には向いていません。PDFを勉強用に使うにはMendeleyが最強ですので、Mendeley上の自分のページ内に「傾向スコア」のフォルダを作っておき、そこに今作ったファイルをアップロードします。

こうして、複数の本から傾向スコアの部分だけを抽出・ファイルにして、Mendeleyに移していきました。

やはりMendeleyは最高です。以前にも書きましたが、線を引きたいとき、「Rectangle」という機能を用いて、長方形に囲んで色を塗ることでマーカーで線を引いたみたいにすることができるのが俊逸です。また、PDFファイルを開くといつでも同時にノートが開かれるので、そこにまとめたいことをまとめることができます。

今朝は傾向スコアについてこの作業を行いましたが、アキレス腱付着部症と足底腱膜炎についても教科書から同様の抽出を行いたいです。

勉強で、本もノートも筆記具もいらない世の中になってしまいました。

タイトルとURLをコピーしました