あしげ日記:2021-5-13

あしげ日記

今朝も傾向スコアの勉強をしています。

Amazonのある統計学の本の書評で「この本で十分。あとは分からないことがあればインターネットで調べればいい」というのを見かけたことがありましたが、それを思い出して、今朝は「傾向スコア」をGoogleで調べて、出てきたサイトを読んでいます。

とりあえず上から2番目に出てきた、どこかの勉強会のスライドを読んでいますが、とてもよいですね。スライドは、ポイントだけを凝縮してあるので分かりやすいし、たとえすべてが分からなかったとしても、そこを理解すればよい、という指標になります。

一方、本は誤解のないよう言葉を尽くさなければならないので、丁寧に説明されているのはよいことですが、その冗長さが逆に分かりにくくなる原因になることもあります。また、いったん本に出すと批判の目にさらされるので、わかりやすさのために思い切って枝葉を切った記述がしにくい、というのもあります(特に専門書の場合)。

このサイトでは、傾向スコアのスライドのほかに、昨日読んでいた調査観察データの統計科学の各章のまとめスライドなどもありました。しばらくこのサイトにとどまろうと思います。

タイトルとURLをコピーしました