あしげ日記:2021-5-18

あしげ日記

昨日から今朝にかけては、日本語の傾向スコアについての総説の論文を読んでいました(家にあった文献をPDF化しているときに偶然発見しましたが、こんな論文を持っていたことはすっかり忘れていました)。

これは傾向スコアの概説としてはとてもわかりやすく、また、今まで出された医学論文での傾向スコアの使われ方についてのまとめもあるので、自分で論文を書くときに具体的に何をすればよいのかがわかってよかったです。まさにPDF化さまさまです。これと、「傾向スコア」でGoogle検索したときに最初に出てくるどこかの勉強会のスライドを合わせれば、理論的な理解としてはおおむね目標に達しそうです。

そろそろ具体的な統計処理についても勉強を始めようかと思います。8割方はEZR(統計ソフトRを医療用にカスタマイズしたもの)で間に合いそうですが、残り2割はRでのプログラムが必要そうです。自分で傾向スコアを出す段階になって、Rの知識ゼロの状態からいきなり必要なプログラムをダウンロード&実行するのはハードルが高そうですので、最低限の医療統計のRの知識は身につけておいた方がよさそうです。

次から次へと勉強することが出てきますね。しかしこのような勉強は、純粋に自分の意志から生まれたものだし、チャレンジングだし、試験があるわけでもないし、成果が目に見えてわかるしで、楽しいです。勉強なのか遊びなのか境界もあいまいです。必要な勉強を遊びにすり替えていく技法とかマインドセットは、長年の受験勉強の賜物だと思っています。

タイトルとURLをコピーしました