あしげ日記:2021-5-19

あしげ日記

今日の午前中は有休消化のために自宅にいます。

昨日、統計ソフトRの勉強をしようと思いましたので、今朝はその準備をした上で、さっそく少しずつ勉強し始めました。

まず、統計の本のうち、Rの勉強に必要な本、「親切な医療統計学」「リアルワールドデータの統計解析」「統計学図鑑」「Rによる医療統計学」「EZRでやさしく学ぶ統計学」のPDFをMendeleyにコピペし、さっそく「リアルワールドデータ~」を読み始めました。

この本は、EZR(Rを医療統計用にカスタマイズしたソフト)を医療統計の取り掛かりに使いながら、最終的にRでの統計解析を自力で行えるようにするための橋渡しをする、という目的で書かれた本で、自分の今の立ち位置にぴったりです。その中で、いきなりRの勉強をするよりは、EZRで統計解析をした上で、そこに出てくるRスクリプトを少しずつ書き換えるようにしながらRのプログラミングを学ぶのが早い、と書かれており、確かにその通りだと思いました。

また、EZRで書かれているRスクリプトはやたらと長く、こんなのを自分でプログラムするのは不可能だと思っていましたが、実はEZRは医療者が必要な統計情報だけを提示するために、かえってプログラミングが複雑になっており、Rではもっと簡単なプログラミングで書ける(その結果、出力される統計情報は多くなる)とのことで、これなら自分でもできそうだとわかりました。さらに、出力される統計情報がより多くなることで、統計そのものの理解もより深められることもわかりました。

これさえわかれば、「リアルワールドデータ~」の本からの収穫の8割は終わったようなものです。著者の奥田千恵子先生は、本当に読者思いのいい先生です。この先生の著書に書かれていることに忠実に従うと、勉強が早くなります。

今朝は有休消化によりかなり時間がありますので、残りの本にも目を通して、勉強の方向性を定めたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました