あしげ日記:2021-7-14

あしげ日記

今朝は、秋に行われる日本足の外科学会の演題の申し込みための抄録を書いています。

今年の学会はオンラインなので演題を出さなくてもいいやと思っていましたが、足の外科学会から演題申込期日延長(7/15まで)の通知が来たのと、ここ1,2週で足底腱膜炎の解析結果が出たのでついでに発表するのも悪くないと思ったのとで、申し込むことにしました。

別に学会に演題を出さなくてもいいのですが、毎年出さないと何となく疎遠になっていくので、ごあいさつ代わりに出しておこうかな、といった感じです。そういう意味では年賀状と大差ないですね。

抄録を書くと、意外に大変なことが分かりました。今までの発表は、主に手術のテクニックに重きを置いたものだったので、症例の結果に関しては簡単な術前後のまとめでよかったのですが、今回はむしろ統計的な解析という学術研究的な要素が強いため、研究方法を厳密に書く必要があり、いつものように10分くらいでささっと書き上げることができません。

論文のアウトラインをしっかりとするためにも、今回の学会で発表しようという気になったのはよかったようです。

タイトルとURLをコピーしました