あしげ日記:2021-7-28

あしげ日記

今朝も「統計的因果推論」を読んでいます。

一日で読み終わるかと思ったら、全然読み終わりませんでした。昨日今日で70ページ読んで、あと130ページくらいありますので、週末までかかりそうです。

2章は傾向スコア計算のベースとなる統計の話で、回帰分析や共分散分析などが主に書かれており、交絡因子がどう数値に影響してくるかが説明してありました。また、交絡因子として入れるべきもの、入れてはいけないものなどが分かりやすく図示されていました。

3章は、いよいよ統計的因果推論の考え方の話で、傾向スコアを用いたのち、何がどう推定されるのかをわかりやすく説明していました、と読み終わったように言っていますが、まだ読んでいる途中で、慣れていない概念を理解しながら読み進めなければならないので、もう少し時間がかかりそうです。

ここまで読んで思ったのは、傾向スコアの理解には、少なくとも、それを算出するための統計手法そのもののしっかりとした理解と、その傾向スコアを用いて何をどう推論していくかという理論的枠組みの理解の両方が必要なようです。よくわかってないままに書いた記述は、わかっている人が見ればすぐにわかりますので、これらの理解は手抜きをせずにしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました