あしげ日記:2021-9-1

あしげ日記

今朝も足底腱膜炎の論文をやっています。

今朝は主に、Discussionの中の足底腱膜炎の病態の推測の文面を考えています。これは推論的にも過去の報告にも矛盾のないように展開しなければならないので頭を使います。

  1. 踵骨棘を削るだけで足底腱膜炎がよくなるということは、踵骨棘が痛みの原因と考えられる。
  2. 足底腱膜を切らないのに痛みが減るということは、足底腱膜にかかる牽引力は痛みの原因ではないと考えられる。
  3. 踵骨棘が痛みの原因になるのは、①踵骨棘自体から痛みが発生している場合、②踵骨棘がまわりの組織を刺激して痛みが出る場合、に分けられる。
  4. ①には、踵骨棘の骨挫傷や疲労骨折などが考えられる。これは従来の足底腱膜のみを切離する手術でも治療可能である。腱膜切離によって踵骨棘への負荷がなくなるからである。
  5. ②には、神経の圧迫や滑液包炎、腱炎が考えられる。これらは踵骨棘がなくても起りえて、従来の足底腱膜切離でも治療可能である。腱膜切離によって神経・滑液包・腱膜への負荷がなくなるからである。

などととりあえず考えてみました。

今朝この作業をやっていて、どうして夜に論文をやりたくないのかもよくわかりました。夜は頭が疲れていて、とても込み入った議論を考える余力などないからでした。夜に論文をやらないことへの罪悪感は多少あったのですが、これですっきり諦められます。

あとは引用すべき文献を論文に組み込めばだいたい形になります。2、3週で終わらせたいですね。

タイトルとURLをコピーしました