あしげ日記:2021-9-23

あしげ日記

今朝も扁平足・三角骨障害・ハグルンド病のテクニカルティップの論文をやっています。

テクニカルティップでは、いかにプレゼンをよくするか、ということが問われる気がしますね。原著論文だと、結果のデータを提示して、そこから言えることを議論するわけですが、テクニカルティップではそのようなデータの提示なしに、いかにその手技が優れているかを述べなければなりません。

すると、単にだらだら説明するだけでなく、過去の論文を比較した表だったり、効果的な図だったり、説得力を上げるための他の手法も取り入れなければならなさそうです。

原著論文だと、Discussionでデータから導き出せる以上のことを主張しないよう、厳しく制限されていますが、テクニカルティップは逆にその点の自由度の高さが魅力かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました