あしげ日記:2021-9-26

あしげ日記

今朝は、NHKの解約申込書を書いています。

もう20年以上もテレビを見ていないのにNHKの受診料を払っているのはばからしいので、先日、テレビやアンテナを撤去し、NHKに解約の電話をしたところ、「解約申し込みにはテレビを撤去したことがわかる証明書が必要」とのことでした。そこで、テレビをリサイクル回収してもらった後に再度解約申し込みをして、今日、念願の解約申込書が届きました。

上の写真のような封筒で届き、中には、説明書、解約届、返信用封筒、未払いの受診料の請求書が入っていました。

説明書には、「テレビ撤去の場合はリサイクル券などの写しもご提出ください」とか「解約届は発行日から3週以内にご返送ください」などと書いてありました。6週以内に返送しないと、解約が受理されないとのことです。

解約届には、「放送受信契約を要しないこととなった事由」などという変な日本語で、受信できなくなった理由をチェックさせます。事由には、受信機撤去、受信機故障、譲渡、アンテナ撤去、ケーブル撤去などがありますが、自分の場合はテレビを撤去したので、「受信機撤去」にチェックをして、撤去方法として「リサイクル」と書きました(NHKに電話したときには、テレビを撤去しないと受け付けないような説明でしたが、ほかのチェック項目でも解約は受理されるのでしょうか)。そのうえで、リサイクルを申し込んだときにビックカメラからもらったリサイクル券と、回収業者が家までテレビを回収しに来た時にもらった受領書のコピーを添付しました。

この解約届には「デジタルチューナー付きパソコン・録音機、ワンセグ付きの携帯電話を持っている場合は解約することができません」と書いてありますが、自分のパソコンや携帯はちゃんとテレビが受信できないことを確認しましたので大丈夫です。しかし、この点のチェックはずいぶんとルーズですね。

あとは5か月分未払いだった受信料をコンビニで払い、封筒をポストに入れて終わりました。

これでNHKとはおさらばです。

タイトルとURLをコピーしました