あしげ日記:2021-9-30

あしげ日記

今朝も足の外科の英語の教科書(Mann’s Surgery of the Foot and Ankle)を暗唱しています。

句(意味の取れる数語のかたまり)ごとに暗唱しては、それをつなげて全体が言えるかどうか確認しています。

声を出して読んだ後、自分で暗唱できるかどうか確認するのは、昔の中高の授業で、先生がフレーズごとに切って先に読み、その後生徒が続けて読んでいたのを思い出しますね。そのときはただ何も考えずに声を出すだけでしたが、それなりに意味のあることをしていたようです。

数語のかたまりに関して、まだまだ自分の身になっていない言い回しが多いことにも気づきます。読めばわかるけれども、自分が英文を書くときにはその数語のかたまりを引き出せない、といった表現です。

また、その数語のかたまりが文をどう構成しているかにも気を使うようになりますね。一文全体を暗唱するのは大変なので、まずは数語のかたまりをとらえ、それらがどう連なっているかを意識しないとできません。

まだ始めて3日ですが、自分の英語力の弱いところが次々に明らかになっています。

タイトルとURLをコピーしました