YouTubeを良質な学習用教材とするために必要な「たった一つ」のこと

その他記事

YouTubeには良質な学習用教材がたくさんアップされていますが、それらを有効活用するために必要な「たった一つ」のことについて述べます。

くだらない動画を見ない

これに尽きます。

ここでいう「くだらない」とは、テレビのバラエティ番組のような内容に限らず、音楽やスポーツやその他の好きな趣味など、興味のない人にとっては「どうでもよい」と見なされる、非生産的で娯楽性の高い動画を意味します。

YouTubeの中毒性

YouTubeは、過去に見た動画をもとに、好みに合った動画を勧めてきます。テレビであれば興味のある番組が終わり、興味のない番組しか放映していない時間帯になれば消さざるを得なかったですが、無限に好みに合った動画を勧め続けるYouTubeでは、無意識に見ていると、次から次へとおすすめ動画を見続けることになってしまいます。

この、無限に好みに合った動画をお勧めし続けるYouTubeのもつ中毒性にもっと危機感を抱くべきです

YouTubeを学習教材に変える方法

では、どのようにすれば、YouTubeを良質な学習用教材に変えることができるでしょうか。

それは、以下の方法の通りです。

  • くだらない登録チャンネルをすべて消去する
  • 過去の動画履歴もすべて消去する
  • 学習したい内容のチャンネルを登録する
  • 過去のインターネット閲覧履歴も消去する(インターネットでパソコンの設定をした場合は注意)
  • おすすめに出てくるくだらない動画はすべて「このチャンネルをおすすめに表示しない」や「興味がない」を使ってブロックする
  • ブックマークは、登録チャンネルページにする

以上の設定をすることで、学習したい内容の動画のみがお勧めされるようになります

くだらない動画を見ている限り、それと似た動画で「おすすめ」が占拠されてしまうので、良質な学習動画がお勧めされる余地が残らなくなります。

効果

このようにすると、YouTubeはいつでも学習目的に合った良質な動画(再生回数の高い動画)を勧めてくれます

YouTubeは学習用教材だ」と意識するようになると、無意識にダラダラ興味のある動画を見る生活から脱却できます。

タイトルとURLをコピーしました