足の外科関連記事

外脛骨障害

外脛骨障害に対する内視鏡手術(専門医向け)

筆者の考案した外脛骨障害に対する内視鏡手術を紹介します。 従来の術式も治療成績は良好ですが、足の軟部組織がうすい部位に皮切をおくため、人によっては愁訴を残す傷になることもありました。内視鏡手術ではそのリスクを軽減しています。 ...
2021.01.10
母趾種子骨障害

母趾種子骨障害に対する関節鏡下自家骨移植術(専門医向け)

筆者の考案した術式です。治療成績も良好です。現在の手術療法が、一般的には観血的種子骨切除術、それよりまだましで関節鏡下種子骨切除術、という状況を考えると、低侵襲で種子骨を温存できるこの術式は、今後主流になりうる術式と考えています。 ...
2021.01.10
外反母趾

重度の外反母趾に対する手術療法

重度外反母趾の手術療法の説明をします。Mann, Scarf, Lapidus法を概説したのち、それらに共通する問題点を指摘します。
2021.02.02
三角骨障害

三角骨障害の内視鏡手術(専門医向け)

三角骨障害の内視鏡手術の方法を説明します。ポイントは、いかに軟部組織の侵襲を少なくするかです。
2021.01.10
三角骨障害

三角骨障害の特徴

三角骨障害の特徴を説明します。三角骨は5%程度の人にしかない距骨の後ろにある骨で、足首を伸ばすと上下の骨に挟まれて痛みの原因となることがあります。
2020.12.25
足底腱膜炎

足底腱膜炎の保存療法

足裏の踵部が痛くなる足底腱膜炎では、大半は1年近くで自然軽快します。その間にできる保存的治療を説明します。
2020.12.25
母趾種子骨障害

母趾種子骨障害の手術療法

母趾種子骨障害の手術法は、一般的には種子骨切除術です。関節鏡技術があれば鏡視下手術も可能です。筆者の開発した鏡視下自家骨移植も説明します。
2021.02.02
母趾種子骨障害

母趾種子骨障害の保存療法

母趾種子骨障害の保存療法を説明します。テーピング、インソール、超音波が主な治療法です。
2020.12.25
母趾種子骨障害

母趾種子骨障害の特徴

母趾種子骨障害について説明します。母趾種子骨は母趾球にある2つの小さな骨です。いったんけがをすると、地面からの圧が常にかかる場所にあるため、治りにくい傷病です。
2020.12.25
変形性足関節症

変形性足関節症の手術療法

変形性足関節症の手術療法について説明します。 手術法の概略 stage 3aは矯正骨切り術、stage 3bはいろいろな状態を考慮した上で、矯正骨切り・関節固定・人工関節を検討し、stage 4では関節固定か人工関節を選択しま...
2021.01.04
タイトルとURLをコピーしました