【執筆中】強剛母趾かば焼き法

論文日記

概要

現在当院で行っている強剛母趾の手術法 ”かば焼き法” に関する論文です。2022年7月末の投稿を目標として準備中です。症例数が多いこと、合併症が少ないこと、簡便な術式であることなどを売りとしています。

経過

2021-11-15:決意。

2021-12-3:執筆(Introductionの骨子)。質問票のカバーレター推敲。

2021-12-4:アンケート用紙の作成。加工前写真・加工用Illustrator・加工後提出用写真のフォルダ準備、方法の記述。用意すべき写真の決定。図の説明の記載。評価のパラメータの検討。

2021-12-5:Introductionの執筆。準備すべき写真の選定。図の説明Figure Legendsの執筆。

2021-12-6:Introduction, Methodsの執筆。

2021-12-7:方法(適格基準・除外基準)の執筆。Introduction内の引用文献のピックアップ。

2021-12-8:住所録の作成。77人分必要。

2021-12-10:Methodsの執筆。

2021-12-11:Discussionの執筆。Referencesの校正。紙カルテから術前スコアの転記。住所録作成。

2021-12-12:Discussionの執筆。7割程度完成。

2021-12-13:Methodsの執筆。紙カルテから術前スコアの転記。住所録作成。

2021-12-14:Discussionの執筆。

2021-12-15:紙カルテから術前スコアの転記。住所録作成。

2021-12-16:紙カルテから術前スコアの転記。住所録作成。

2021-12-17:紙カルテから術前スコアの転記。住所録作成。

2021-12-22:電子カルテぶんの住所録作成。

2021-12-27:電子カルテに記載分の術前術後データを転記。

2021-12-28:データファイルの整理。

2022-1-6:足底腱膜炎とアキレス腱付着部症の論文の手直しで手一杯なため、いったん据え置き。

2022-3-20:足底腱膜炎とアキレス腱付着部症の論文がひと段落したので再開。患者さんにアンケートを送るための120円切手を購入。今どきの切手シートはシールになっていて軽く驚き。はがすとその切手の辺縁は例のぎざぎざになっている、という凝りっぷり。

2022-3-23:患者さんアンケートの返信用封筒の切手貼り。カバーレターコピー、質問票コピー&ホチキス止め、研究計画書作成&提出、宛名と差出人、送り先の住所のシール作成&貼付、袋詰めして完成。全部で79通。仕事から帰宅後、大きな郵便局に行って郵送。

2022-3-24:レントゲンを見ながらGrade分類。

2022-3-25:統計処理の記載。イントロダクションの下書き(日本語)。

2022-3-26:イントロダクションの下書き(日本語)。

2022-3-27:方法の執筆(包含基準・除外基準)。イントロダクションの英訳。

2022-4-10:文献の整理。引用しやすいようEXCELでのまとめ。

2022-4-11:患者さんから返送されたアンケート結果のデータ入力。

2022-4-12:アンケートの通読。全61通。多くの方はとてもよくなっているが、こちらがあまり意識していなかったことの指摘などもいくつかあり、とても勉強になる。

2022-4-13:アンケート結果の点数化。

2022-4-14:アンケートの点数化。

2022-4-30:母趾種子骨障害の論文を英語添削会社に提出してしばらく時間ができたので、こちらに戻ることに。種子骨障害に集中していた間にも、続々と患者さんからのアンケートが届いていた。今日は今まで書いた分の英語の手直し。

2022-5-1:後から届いた患者さんのアンケートの点数化。

2022-5-2:最近公表された文献の追加。5個ほど増えていた。

2022-5-3:今まで書いた分の見直し。ディスカッションの日本語原稿書き。

2022-5-12:今日は有給で休みだが、こういう日でもないとレントゲンの計測に時間を充てられないので、病院に来て計測。単に術前・術後の骨の位置の変化量を計測するだけだが、自分の治療結果をつきつけられるので、1時間もするとへとへとになる。1時間で15人の進度。とても今日だけではムリ。

2022-5-14:レントゲンの計測。20人分。

2022-5-16:レントゲンの計測。30人分。ほぼ終了。

2022-6-29:紙カルテを見ながらデータの補充。データの表を統計ソフトに読み込める形に変換。

タイトルとURLをコピーしました